iPhoneXのオプション品

iPhoneXは新品で購入すると充電用のアダプタ、ライトニングケーブル、イヤホンが付属しているだけです。

もちろん、アプリで機能が追加されるのでハードウエアが添付されていなくても全く困らないのですが、iPhoneXはライトニング端子が公開されているのでさまざまなオプション品を選ぶ楽しみもあります。


iPhoneXのオプション品でもっとも購入が多いと言われているのがヘッドホンです。



付属のイヤホンも高音質ですがさらに音質を高めている商品が多数販売されています。

音楽を聞くという意味ではiPhoneXを利用しなくても良いのですが、住宅事情や手軽さで音楽を聞く機械としてiPhoneXが認められてきています。

ヘッドホンはそういったユーザにアピールしており、多数のメーカーが参入し、また、高額商品も多数登場しています。
ヘッドホンについてはBluetooth対応品が多いのですが、ノイズキャンセリングモデルなど、イヤホンタイプも人気が出ています。


イヤホンタイプについてはスポーツシーンで利用出来る防水タイプも人気があり、さまざまな種類が登場しています。

オプション品としては車での対応も進んでいます。

車での利用ではサウンド関連が多かったのですが、車内に固定できるアダプタが用意され、ナビ代わりに利用されたり、ドライブレコーダーとしての利用も進んでいます。
特にナビとして利用する場合には専用のカーナビアプリが安く提供されることが多く好評を得ています。


iPhoneXは大型の液晶を装備していますが、アップルとしては保護シートなどを付けなくても問題ないとしていますが、やはり、日常良く使うスマートフォンの特に画面保護は重要と考える方が多いです。液晶の保護にはフルラップするケースの他に手軽な保護シートを利用することが出来ますが、保護シートは3種類あり、さまざまなメーカーが商品を展開しています。



iPhoneX用の保護シートではガラス、フィルム、マッドタイプと分かれています。

ガラスは急激にコストダウンが進んだことで価格が下落傾向にある人気の保護シートです。

透過率が大変高いことからiPhoneXの画面をしっかり見られるとして人気が高いです。

また、ブルーライトカットなどさまざまな機能が追加されていることも注目を集める要因の一つです。

フィルムタイプは古くからあるシートであり、薄く、安いのが特徴です。薄さのですが、耐衝撃性能があったり、気泡を除去する機能があるなど画面保護以外でも力を発揮しています。



マッドタイプもフィルム同様に古くからありますが、マッドタイプはフィルムタイプにはない機能が搭載できることから人気があります。

マッドタイプには鏡面仕上げなど横から覗かれない仕組みが搭載されていたりとアイデアが詰まった商品が多いのが特徴です。

どのシートも使い勝手はとてもよいので利用したい機能に合わせて選ばれることが多くなっており、価格も全体的に下落傾向が続いていて入手しやすくなっています。