iPhoneXの保護シートの便利機能

iPhoneXの保護シートは基本的な機能である液晶の保護の他にさまざまな機能追加がされていることが多くなっています。


iPhoneX用の保護シートで注目されているのが傷リペアなどのこれまでの保護シートではなかった機能です。


傷リペアはフィルム系の保護シートで追加されることが多くなっている機能です。



シートに傷がついてしまってもある程度時間があれば目にみえないほどに修復されます。

フィルムタイプとはいえ、若干の厚みがあります。



厚みが増えている理由としては修復する層が追加されているからです。
そのため深くまでついてしまった傷は修復ができませんが、たいていの傷は問題なく回復させてしまうようです。


価格としては一般的な保護シートの価格帯と変わりません。
液晶を綺麗に使いたいという方には必須とも言える機能の一つです。
iPhoneXの液晶は強化ガラスなので傷が付きにくいのですが、修理費がとても高いのでできる限り保護シートで防ぎたいものです。

保護シートの追加機能として注目されているのが気泡がつかないタイプです。

気泡は液晶にシートを貼り付ける際にゴミがあったり、貼り方次第で小さな気泡として現れてしまいます。
貼り直しができるタイプもありますが、何度やっても気泡ができていしまうという方も少なくないようです。

そこでゴミさえなければ気泡が自然と消える保護シートが登場しています。



気泡がつかないシートは気泡がつかないようにフィルム自体に加工を施しており、貼り方も普通でいいので人気が高くなっていますiPhoneX用の保護シートは多くの会社から販売されていますが、基本的な機能である汚れ防止、クリアな視認、液晶の保護の他に追加機能を追加して差別化を図った商品も増えています。

追加機能としては各社ともさまざまな機能を考えていますが、注目したいのは目にやさしい機能です。スマートフォンは液晶が大きいこともあり、液晶から入りるさまざまな光線に目がダメージを受ける場合があり、疲れ目になったり、ドライアイが進行する方も少なく内容です。
これはiPhoneXだけに限らずAndroidでも言えることです。


このような液晶からの光線に対応するには保護シートの追加機能に頼るしかありません。

iPhoneX用の保護シートで最近増えているのが光線対策です。


光線としてはUVがあります。


UVは紫外線のことですが、紫外線は液晶のバックライトから発生して目に届きます。


量はそれほど多くはありませんが、液晶を見るとどうも目が疲れるという方は紫外線に反応しやすいのかもしれませんのでこの機能は試す価値があります。

また、液晶からの光線にはブルーライトも問題となります。

ブルーライトは液晶から発せられる青色の光線が目にダメージを与えると言われているものです。

テレビからも出ていますが、iPhoneXやAndroidは目に比較的近いところで利用されるものなのでブルーライトの影響はとても大きくなります。


目の疲れやちかちかするなど液晶を長時間見る場合には対応商品が有効です。